___

原発推進派と批判派の溝は深いと思います。原発に批判的な発言をする反体制派だと見なされると、学内でも様々なアカデミックハラスメントを受けた。講演に行けば、電力会社の人間が尾行につく。同じ電車に乗ってくるし、だいたいいつも同じ人間だからわかるんです。講演内容を録音して、私の主任教授などに届ける係の人までいましたから。そうなると研究室でも安斎とは口を利くなということになる。京大の小出さんや今中さんたちのグループも同じような経験をしているはずです。

 僕は電力会社から留学を勧められたこともありました。『3年間アメリカに行ってくれ。全部おカネは出すから』って。それほど目障りだったんでしょう。

拉致なんてないと言ってた人たちリスト
土井たか子
辻元清美 
村山富市
田辺誠
田英夫
志位和夫
野中広務
中山正暉
朝日新聞
日教組
和田春樹
坂本義和
吉田康彦
河野洋平
今回、プリウスのブレーキがことさら問題になったのは、支持率低下に悩むオバマ米政権が仕掛けたジャパンバッシングと見る向きもある。実際、その可能性は非常に高いが、その火の手を無用に拡大させたのは、トヨタの対応のまずさだ。訴訟社会のアメリカで簡単に謝罪して相手に足下を見られ、日本ではやたらと強気に突っ張ってユーザーの感情を逆撫でするというのは、リスクマネジメントの観点からは大いに疑問符が付く。

米国内で、日本のいわゆる従軍慰安婦問題を初めて公開の場で取り上げ、非難を始めたのは「慰安婦問題ワシントン連合」という組織だった。1992年に在米韓国系の活動家たちが首都ワシントンで創設した組織だった。

 92年というのは、日本からの慰安婦問題の虚報発信が本格化した年である。朝日新聞が「日本の軍(官憲)が朝鮮人女性を強制連行した」という虚偽を大々的に報じだした時期に当たる。「朝鮮人女性が女子挺身隊として強制的に慰安婦にされた」という朝日新聞の虚構報道に熱がこもった時期でもあった。同じ時期に朝日新聞は「日本官憲による済州島での慰安婦狩り」という吉田清治のデマ発言をも報じ続けていた。

ffftp:

今は3桁です
880 大韓民国
884 カンボジア
885 タイ
888 シンガポール

ffftp:

今は3桁です

  • 880 大韓民国
  • 884 カンボジア
  • 885 タイ
  • 888 シンガポール

③彼のやっていることは労働力のダンピングだ。

ここまで書けばもうお分かりと思うが。
彼のやってることは労働力のダンピングだ。
本来価値より安くその労働力を売ることで、自分のポジションを確保している。
それは、他の正規の価格で労働力を売る労働者のポジションを奪っている。過当競争に追いやる。

労働力のダンピングで成り立つ企業は、正常な単価の企業を駆逐する。

社会悪だ。

私がテレビの討論で、福島みずほ氏に「1mSvまで除染しろといっている限り、被災者は帰宅できないが、あなたはそれでいいのか」と質問すると、彼女は目をそらして黙ってしまった。おそらく慰安婦についても同じだろう。彼女の心情倫理は、結果に対する責任倫理を拒否することによってしか成り立たないからだ。
https://twitter.com/sohbunshu/status/500813142562074624
宋 文洲 ‏@sohbunshu
「新報道2001」で久しぶりに舛添さんに会った。中国要人や韓国大統領との面会は全部独自のルートを使い、外務省はまったく役に立たなかったそうだ。来週はロシア訪問。頑張って日本の健全性を示してほしい。



舛添が訪中や訪韓するにあたって
外務省が全く役に立たなかったと舛添が言っていたようです。
むしろなぜ「外務省が舛添に協力しなかったのか」
考えた方がいいでしょう。

そしておそらく外務省が懸念した通り、余計なことをやってきただけでした。
mug-g:

Twitter / fujinokibiwanok: 中国人を処刑する日本兵とされた写真。日本人は日本刀を片手では …

決議を主唱したマイク・ホンダ議員は、審議の過程で、第2次大戦後の日本でも占領米軍が日本側に売春施設を開かせたという報道が流れたのに対し、次のように明言した。「日本軍は政策として女性たちを拉致し、セックスを強制した。だが米軍は強制連行ではないから、まったく異なる行動だった」

 また、同決議案を審議する公聴会の議長を務めたエニ・ファレオマバエンガ議員は、日本軍の行動のどこが悪かったのかと、問われて答えていた。「米国も人権侵害は犯してきたが、日本のように軍の政策として強制的に若い女性たちを性の奴隷にしたことはない」

 要するに米国側は「日本軍による女性の組織的な強制連行」があったと断じ、その点を糾弾していたのである。その断定の根拠はすべて日本から発信された「証言」「資料」「報道」だった。その発信役が、朝日新聞だったのである。